top of page

加齢と女性ホルモン

こんにちは!shishiraです!!

今日は、加齢と女性ホルモンの作用についてお話していきますね!!


更年期以降になれば妊娠の可能性が低くなることとエストロゲン(卵胞ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)といった女性ホルモンの分泌低下により女性でも男性型の内臓肥満になりやすくなります。


つまり、女性ホルモンは内臓脂肪の蓄積を抑制しながら、臀部や大腿部といった下半身への体脂肪の蓄積を活発にしたり、筋肉量が少なくても骨量の低下を防ぐ働きがあります。

ダイエットで女性の臀部や大腿部が痩せにくいのはこのためであり、下半身の体脂肪が減りやすいのは授乳期のエネルギー不足を補うときだけだと言われています。


更に、年齢による差では若年期は身体活動量や代謝が活発なのに対して、加齢とともに運動量や代謝が低下するために体脂肪は増えやすくなることに加え、女性の場合は上述のように女性ホルモンの減少が拍車をかけるので、普段から生活習慣の改善や運動の習慣をつけることを心がけましょう!!

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page