top of page

お肌のシミ


紫外線を浴びると肌は刺激から守ろうとしてメラニン色素をつくります。

加齢によりエストロゲンの分泌が乱高下すると、脳はエストロゲンをもっと出させようと指令を出します。

するとメラニン色素を出すメラノサイト刺激ホルモンも影響を受け、メラニン色素が増加。

再生力が衰えた肌にメラニン色素が沈着しやすくなるのです。

対策として、

シミや黒ずみをつくらないために、

紫外線対策と、体の中からも対策を取るために、ビタミンCは毎日多く摂るように意識しましょう。

ビタミンEは、抗酸化作用があり、血行をよくして肌を整えてくれます。

これからの時期は、紫外線が強くなるので

毎日ケアを欠かさないようにしていきたいですね。






閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page